ブログネタ
宅建受験 に参加中!
ka04


東大式IT記憶システム hyper e-memoriaを開発した浅田哲臣さんとはちなみに、

日本で最難関の東大合格を現役の一発で達成している人で、さらに合格率が10%ちょっとしかない第一種情報処理技術者試験という資格試験でも、

わずか半年の勉強だけで一発合格してしまった実績の持ち主です。


ただ、彼のこうした成果を支えていたのが、東大式IT記憶システム hyper e-memoriaのもとになった暗記法があればこそで、

短期間の学習で大きな成果を上げられたのも、暗記時間短縮による勉強の効率アップのおかげです。


ka05


一般的な暗記の仕方と言えば、同じことを何度も繰り返して読んだり書いたりして覚える方法になりますが、

このやり方は、頭の回転の良さや元々の記憶力良さに随分と左右されてしまいます。


東大式IT記憶システムでも基本的には、繰り返し覚えるという点では変わりはないものの、k

独自のシステムを使うのが一つの特徴です。


エクセルでできたシステムに暗記したい情報を入力するなど、ちょっとした作業を繰り返すうち、忘れる量がどんどん減っていき、

実践すればするほど、東大式IT記憶システムを使って覚えたことが、時間が経っても記憶として定着するのが不思議なくらい実感できます。

ka07


覚えたそばからどんどん忘れてしまう勉強法ならば、勉強するのがどんどんいやになり、試験本番までモチベーションを保つことが難しくなるのは当然ですが、

勉強すればするほど、やったことが身になっている手ごたえがあれば、勉強の負担が大きく軽くなっていき、

机に向かうのが楽しくなっていきます。


あなたも、今まで感じいたストレスがうそみたいに軽くなり、試験突破に必要な知識がどんどん身についていきます。






ka06
効率の悪い勉強法を続けて、いらないストレスをさらに抱え込んでしまう前に、ずっと手軽に暗記ができるようになるにはこちら







ロト6
伊藤潤一
網野智世子