東大式IT記憶システム 浅田哲臣

浅田哲臣さんの東大式IT記憶システムは右脳を使うとか難しいことは言わずに、ただ言われたとおりにやるだけで、グングン記憶が定着していきます。

ブログネタ
大学受験 に参加中!
ka01


暗記をしようにも、覚えなければいけない量が多すぎて、遅々として勉強が進まない状態だったとしても、
不思議と覚えていられる量が増えていき、暗記で苦労していた分の負担が一気に軽くなる勉強法がこちら









あなたも、↓のようになりたいと思いませんか??

images (4)



■記憶力でみんなと大きく差をつけることができる

■一所懸命覚えようとしなくとも暗記ができる

暗記で苦労していたのが懐かしくなる

思い出せなくてイライラすることがなくなる





暗記術トレーニングや速読トレーニングの方法はいくつも出回っているものの、

実際にこうしたやり方で能力アップできている人たちはごくわずかしかいません。


かといって、単語帳を何度も繰り返し勉強するとか、穴埋め式の参考書を何度も繰り返し読んだところで、

記憶力に優れている人たちとはどんどん差がつくばかりで、↓のような悩みが解決することはありません。

03_image1



机に向かって勉強するのは集中力が続かない

他人が10覚えられるところを5くらいしか覚えられない

■同じところを何度も繰り返しても覚えられない

■試験合格できる目途が全く見えてこない






浅田哲臣さんの東大式IT記憶システム hyper e-memoriaは、

あなたの脳の持つ記憶力をアップさせるのではなく、暗記の方法事態を最適化した暗記プログラムとなっています。

ka03


暗記の仕方を変えるだけなので、「覚えたいことをイメージで覚える」とか、

「ストーリーを作って物語形式で暗記する」といった、特別なトレーニングをする必要は全くありません。


エクセルでデータ入力する程度の作業ができれば、だれでも手軽に実践することができ、

実際に小学校に入る前の子供が、小学校で習う漢字を1000字以上も暗記してしまったほどです。



東大式IT記憶システム hyper e-memoriaで暗記できる量については、こちらでもっと詳しく解説しています。

ka06





ブログネタ
宅建受験 に参加中!
ka04


東大式IT記憶システム hyper e-memoriaを開発した浅田哲臣さんとはちなみに、

日本で最難関の東大合格を現役の一発で達成している人で、さらに合格率が10%ちょっとしかない第一種情報処理技術者試験という資格試験でも、

わずか半年の勉強だけで一発合格してしまった実績の持ち主です。


ただ、彼のこうした成果を支えていたのが、東大式IT記憶システム hyper e-memoriaのもとになった暗記法があればこそで、

短期間の学習で大きな成果を上げられたのも、暗記時間短縮による勉強の効率アップのおかげです。


ka05


一般的な暗記の仕方と言えば、同じことを何度も繰り返して読んだり書いたりして覚える方法になりますが、

このやり方は、頭の回転の良さや元々の記憶力良さに随分と左右されてしまいます。


東大式IT記憶システムでも基本的には、繰り返し覚えるという点では変わりはないものの、k

独自のシステムを使うのが一つの特徴です。


エクセルでできたシステムに暗記したい情報を入力するなど、ちょっとした作業を繰り返すうち、忘れる量がどんどん減っていき、

実践すればするほど、東大式IT記憶システムを使って覚えたことが、時間が経っても記憶として定着するのが不思議なくらい実感できます。

ka07


覚えたそばからどんどん忘れてしまう勉強法ならば、勉強するのがどんどんいやになり、試験本番までモチベーションを保つことが難しくなるのは当然ですが、

勉強すればするほど、やったことが身になっている手ごたえがあれば、勉強の負担が大きく軽くなっていき、

机に向かうのが楽しくなっていきます。


あなたも、今まで感じいたストレスがうそみたいに軽くなり、試験突破に必要な知識がどんどん身についていきます。






ka06
効率の悪い勉強法を続けて、いらないストレスをさらに抱え込んでしまう前に、ずっと手軽に暗記ができるようになるにはこちら







ロト6
伊藤潤一
網野智世子

このページのトップヘ